面接の質問と回答のコツ

面接での質問に慌てたりせずに答えることが出来ますか?
就活で面接で良く聞かれる質問には、あらかじめ回答を考えておくと、本番でも困ったりせずに済みますね。

 

 

その為には、面接で良く聞かれる質問にはどのようなものがあるかを知って、その回答のコツを掴んでおくと良いでしょう。
そんな自分自身に関する頻出質問の主なものには、長所と短所、特技、趣味、10年後の展望などが良く質問されますね。

 

 

まず、長所と短所に関しては、比較的に自分の長所を説明するのは簡単ですが、短所はどのように説明するかがポイントになるでしょう。
面接官は、この質問の回答からその人が自分の短所をどのように理解しているかを知ろうとしており、自分の弱みとして伝えてしまうとマイナスの印象を与えてしまいます。

 

 

その為、表現の仕方次第では短所が頼もしい印象を与えますので、短所を良く言ったらどうなるかを考えて、前向きに説明するのが回答する上でのコツです。
回答例としてば、「どちらかといえば大人しいところがありますが、物事や人の気持ちを良く考えて行動します」といった具合にすると良いですね。

 

 

その為には、しっかり自己分析を行っておくことが大切です。
また、特技に関しては、その内容よりも、取り組んできた姿勢が知りたいのです。もちろん、他の人が真似できないようなものならアピールする際に大きな武器になりますが、仕事に直結するとは限りません。

 

 

特技の具体的なエピソードだったり、その過程で得た経験などを話すと良いでしょう。それを仕事に活かせるかをアピールできると尚良いです。

 

 

また、趣味での質問で回答でしてはいけないは「特にありません」です。
興味のあることだったり、休みの日は何をして過ごしているのかなど、思い返してみましょう。
また、回答で音楽鑑賞で終わらせたりするのではなく、自分のこだわりや得たことなど、具体的に話しましょう。

 

 

10年後の展望は、あなたが10年後にどうなっているかという、キャリアプランが描けているかが問われています。
その為、明確な10年後のキャリアを決意として語ることが出来るようにしておくことです。

 

 

この他にも、当然、企業の採用担当者や面接官は、仕事とは関係ないものや答えにくいこと、更にはあなたの考えを否定するような圧迫的な質問もたくさんされますので、臨機応変に乗り切れるように回答の方法やコツを学んで、他の人とは違う何かを強く印象づけられるようになりましょう。

 

 

なお、上原聡さんの 東大式・内定獲得術では、面接で答えにくい難しい質問を、難なく乗り越える方法やコツが分かります。

ほとんどの学生が回答できない中であなただけがすらすらと答えることができれば、面接官の評価も一気に高まり、内定にグッと近づけるでしょう。

 

志望企業から内定を勝ち取るための面接の攻略法をお教えします!

この方法を知ってしまえば面接で悩むこともなくなります。

 

東大式・内定獲得術 大逆転就活ノウハウの詳細を見てみる